当事務所の解決事例

ご相談内容:個人再生(住宅ローン有) (50代男性) 

住宅ローンを組んだのは10年前でした。
順調に返済をしていたのですが、6年前にリストラに遭ったことで、返済計画が狂い始めました。
約半年後に再就職できましたが、無職の間に貯蓄を使い果たしたことや、前職と比べて給料が激減したことから、住宅ローンの支払は困難となっていきました。

そのため、信販会社や消費者金融から借金をして住宅ローンの返済に充てるようになりました。そのような状況が数年間続き、いつしか住宅ローン以外の債務が約500万円にもなり、どこからもお金を借りることができない状況になってしまいました。
そんな時、ホームページで山本総合法律事務所を知りました。

法律相談の際、「できることならば住宅は手放したくない」という思いを伝えたところ、個人再生の手続きが可能であることを教えてもらいまいた。
手続きを依頼した結果、個人再生の認可決定により、住宅ローン以外の約500万円の債務は約100万円に減りました。その約100万円は、3年間かけて払ってよいことになり、現在の給料で十分支払える計画です。

そして、現在も、住宅を手放すことなく、自分の家で暮しています。
相談をしてよかったと心から感じています。


ご相談内容:個人再生(住宅ローン有) (40代男性)

15年前に住宅ローンの契約を組み、夫婦で働きながら、毎月決められた金額を支払っていましたが、6年前に妻が体調を崩し、入院と長期加療を余儀なくされました。

妻の看病やリハビリに付き合う必要があり、勤務時間は激減してしまいました。会社は理解してくれましたが、それでも給料は大幅に減ってしまいました。そして、医療費や住宅ローンの支払に困るようになりました。
私はそこで、消費者金融からの借入に頼ってしまいました。

最初は「また、たくさん働けるようになれば、すぐに返済できるだろう」という安易な考えで、消費者金融を利用する頻度が増えてしまいました。

しかし、それでは何の解決にもなっておらず、 数年後、気が付くと借金の額は膨れあがり、住宅ローン以外の債務は約1000万円、毎月の支払は約35万円にもなっていました。

もう住宅を手放さなければならないと思っていた矢先、山本先生のことを知人から教えてもらいました。すぐに事務所へ電話して、相談の予約をとりました。「妻のためにも、なんとか住宅だけは残したいのですが…」と私が伝えると、山本先生は「それなら個人再生を検討してみましょうか?」とおっしゃってくれました。

私は個人再生について全く知らなかったのですが、山本先生は丁寧に個人再生について説明をしてくれた上に、「弁護士費用も分割でいいですよ」とおっしゃってくれました。

私の場合、住宅ローン以外の債務約1,000万円が200万円に圧縮され、それを3年で支払っていくのが原則です。200万円を3年で支払うとなると、月額は約5.5万円になるのですが、恥ずかしながら私にはその額を用意できませんでした。

すると、山本先生は「裁判所が正当と認めてくれる理由があれば、支払の期間を3年から5年にできますよ。一緒に頑張っていきましょう」と言ってくれました。

5年での支払ならば、月額約3.3万円の支払になり、私でもそれならば頑張れると思いました。
個人再生は無事に裁判所から認可決定をいただきまして、住宅ローン以外の私が抱えていた約1000万円の債務は約200万円になり、しかもその約200万円を5年間かけて支払っていくことの許可をいただけました。毎月の支払は約3.3万円程度で、現在の給料でも十分支払ができる金額です。

山本先生のおかげで妻の大好きな自宅を守ることができました。本当にありがとうございました。

住宅ローン・借金問題に関する相談受付中!些細な事でもお気軽にご相談ください無料相談の流れはこちら

TEL 027-384-3011 受付時間 9:00~20:00(平日)

〒370-0073  群馬県高崎市緑町一丁目2-2 YKビル1階
初めての方でも安心してご相談いただける法律事務所です。

Copyright (C) 2011 山本総合法律事務所 All Rights Reserved.